結婚式ムービーのアスペクト比は16:9がおすすめ【生い立ち・余興etc.】

Pocket

こんにちは、ウェディングムービーシュシュです。

今回のコラムでは、結婚式に持ち込みDVD(Blu-ray)でムービーを上映したい方の多くが気になる「アスペクト比」について取り上げます!

 

結婚式でプロフィールムービーや余興ムービーを上映することがあたりまえになっている今、持ち込みムービーの上映に関する注意事項を新郎様新婦様へお渡しする式場さんも増えています。

その注意事項の中に必ず書いてあることが「アスペクト比」です。

アスペクト比とはムービーやテレビ画面・スクリーンの縦幅と横幅の比率のこと。みなさんも「16:9」や「4:3」という表記を見たことがあるのではないでしょうか。

アスペクト比の比較|ウェディングムービーシュシュ

このアスペクト比がなぜ重要かというと、テレビ画面やスクリーンにムービーを映したときの見え方に影響するからです。

ですので、アスペクト比4:3のスクリーンを設置している結婚式場やパーティー会場は、持ち込みムービーを上映に関する注意事項で「ムービーのアスペクト比は4:3で作ってください。」という指定をする場合が多くあります。

ムービーとスクリーンの比率が合っていた方が上映しやすい、ということですね。

 

しかし、4:3のスクリーンには4:3のムービーしか映すことができないわけではありません。

実はテレビやプロジェクターの表示設定を適切に行えば、ムービーがどんなアスペクト比でもしっかり映すことができるんです。

それでは、どのアスペクト比でムービー制作をしたらいいのでしょうか?

これからおすすめのアスペクト比について解説していきます。

 

 

アスペクト比は16:9がおすすめ!


結婚式のプロフィールムービーや余興ムービーを作る場合におすすめのアスペクト比は「16:9」です。

その理由は、現在一般的に流通しているご家庭用のテレビは16:9比率のワイド画面が主流だからです。

ワイド画面テレビ|ウェディングムービーシュシュ ワイド画面テレビ×16:9ムービー|ウェディングムービーシュシュ

結婚式の最中は慌ただしくて堪能できなかったムービーを、挙式後にご家族やご友人と一緒におうちでゆっくりと楽しみたい新郎様新婦様は多くいらっしゃいます。

その際、ムービーのアスペクト比が16:9なら、テレビの表示設定を変えることなく画面にぴったりのサイズでムービーを再生することができます。

何度でも再生したい結婚式の思い出が詰まったムービーをストレスなく視聴するなら16:9のムービーがおすすめです。

 

 

 ワイド画面×4:3ムービーの見え方


それでは、ワイド画面のテレビでアスペクト比4:3のムービーを再生すると、どのように見えるのでしょうか?

例をご覧ください。

ワイド画面テレビ×4:3ムービー①|ウェディングムービーシュシュ

①縦幅をテレビ画面に合わせる

4:3ムービーを表示させる場合の一般的な形です。

昔のテレビ映像のように映ります。

ワイド画面テレビ×4:3ムービー②|ウェディングムービーシュシュ

②横幅をテレビ画面に合わせる

上下のはみ出た部分の映像が切れます。

ワイド画面テレビ×4:3ムービー③|ウェディングムービーシュシュ

③ 4:3の映像を無理やり16:9に合わせる

①の余白部分を埋めるために横幅が引き伸ばされ、映像が歪みます。


このようにアスペクト比4:3のムービーをワイド画面のテレビに映すことはできますが、表示設定の変更が必要になる場合もあるので注意しましょう。

 

 

 スクリーン×16:9ムービーの見え方


冒頭でもお話したように、ムービーを上映する結婚式場やパーティー会場に設置されているスクリーンにはアスペクト比が16:9のものと4:3のものがあります。

4:3のスクリーンには16:9のムービーを映すことができないと思われがちですが、そんなことはありません。

4:3スクリーン×16:9ムービー|ウェディングムービーシュシュ

4:3のスクリーンに16:9のムービーを上映する場合は、上映会場のスタッフさんにプロジェクターの設定を変更してもらってみましょう。

映り方は上下に黒い帯が入り、映画のような雰囲気になります。ちょっとかっこいいですね。

 

16:9スクリーン×16:9ムービー|ウェディングムービーシュシュ

そして16:9のスクリーンに16:9のムービーを上映する場合は、ワイド画面のテレビと同様に、ジャストサイズで映ります。

このとき、プロジェクターの設定は必要ありません。

 

 

 何度でも見返したいムービーを作ろう


結婚式のプロフィールムービーや余興ムービーにおけるアスペクト比設定のポイントは、「上映会場のスクリーンで上映できるか」と「家庭のテレビで快適に視聴できるか」ということです。

今回のコラムでご説明した通り、アスペクト比がどんなものでもスクリーンやテレビに映すことはできますが、見やすさを考えると16:9の比率でムービーを制作することがおすすめです。

さらに、スマートフォンでムービーを視聴する場合も16:9の方が画面いっぱいに表示されます。

そのことをふまえて、ウェディングムービーシュシュではすべてのムービーを16:9で制作しています。

みなさんもムービーを自作する際にはアスペクト比16:9で作ってみてはいかがでしょうか。

 

 


関連リンク

結婚式ムービーはBlu-rayで楽しもう♪DVDとBlu-rayの画質比較!


おしゃれかわいいプロフィールムービーで思い出を残そう。

プロフィールムービー ミニマル プロフィールムービー colors プロフィールムービー ヴィネット
プロフィールムービー ミニマル プロフィールムービー colors プロフィールムービー ヴィネット

 

随時、Facebook、Twitter、Google+にてご意見・ご感想を受け付けております。

「○○についてコラムで取り上げてほしい」というご意見も大歓迎です。

ウェディングムービーシュシュ

<Facebook>chouchou.WM
<Twitter>@chouchou_WM
<Google+>ChouchouTvWM
<Instagram>chouchou_wm

Pocket